航空機産業の発展性

航空機産業の発展性のこと

航空機産業の発展と安全性の確保

航空機の開発は、計画段階から初号機の納入まで10年近い期間と数千億円を超える開発費を要するとともに、投資資金の回収にも長期間を必要とします。開発後も、いくつかの試行錯誤を経て、数十年間にわたり生産が続けられるのです。また、納入された機体は早いものでも10数年、長ければ40年以上も運航に供される、息の長い工業製品なのです。そして、乗客を空港から空港からへと安全かつ快適に運ぶことは絶対条件であり、失敗は乗客の命に関わる重大事故を引き起こしかねません。それだけに航空機産業はリスクの高い産業とも言われますが、先端技術を駆使し、知識集約型の産業であることから、工業製品の中でも、科学立国である日本に最も相応しいという意見が聞かれることも少なくありません。

現代の産業発展に大切な航空機

航空機産業は、現代の工業力の発達のためにも、移動手段としても、非常に重要なものです。日本では戦後長らく外国にお任せしていた分野ではありますが、大分遅ればせながら、日本国内でこの産業に本気で取り組もうとする企業が、いくつか表れ始めています。色々と課題はある様子ではありますが、ぜひ頑張って実用化させてほしいものです。日本での航空機産業の発展は、海外に押されがちに見える日本の工業力の復興をアピールするものにもなることでしょう。そして、日本のこれからを明るくする話題のひとつとしても、大変に喜ばしい出来事だと考えられます。

↑PAGE TOP