航空機が開発される

航空機が開発されたはじまり

航空機が開発されるように

2014年に国産ジェット機のミツビシ・リージョナルジェット(MRJ)がロールアウトされました。1973年に最後の航空機が開発されてから、ようやくできたものですからとても久しぶりの国産機ということになります。工業が発達している日本で、国産ジェットの開発がこれほどまでに遅れたのは不思議です。戦前には国内でも多く作られていた航空機ですが、戦後には資金難などもあってなかなか生産に踏み切れなかったことが一因になっています。これからは日本の工業の発展のためにも国産ジェットもまた生産されていくことを期待します。

創業者の夢をかなえた小型航空機

ホンダは日本を代表する屈指の自動車メーカーであるとともに、オートバイや各種の工業製品などを手掛け、海外にも幅広く販路を拡大しています。しかし、自動車やオートバイにとどまらず、ホンダの創始者である本田宗一郎の夢をかなえるべく、従業員が一丸となって製作に取り掛かり、その夢を実現させた工業製品があります。それがHONDA JETと呼ばれる小型の航空機です。それはコンパクトで軽い機体という特性がありますが、十分な広さと乗り心地を備え、移動コストと環境にかかる負荷を低減したエコロジーな航空機でもあるのです。創業者の夢をかなえたホンダが次に繰り出す製品に大きな期待が寄せられています。

↑PAGE TOP