日本と航空機のこと

日本の工業の発展と航空機

国産ジェット開発を推進中

日本は敗戦によって、連合国により飛行機の生産を禁止された事もあり、アメリカなどに大きく後れをとった分野です。しかしYS11でようやく国産飛行機の開発生産を達成し、航空機工業がようやく本格的なスタートを再開しました。ジェット機の時代になり、日本はアメリカの大型ジェット機の胴体などを生産する事で着実に力を養い、近年純国産の小型ジェット機の開発を推進し、テスト飛行と受注活動を推進する段階に到達しました。重工業分野の念願が、1つ適った事になります。航空機業界も熾烈な競争状態にありますが、小型ジェット機分野で、一定のシェアーを確保し、産業として確立できる事を期待するばかりです。

日本の工業の発展は航空機から

日本の工業の発展は航空機からというと意外と思う人も少なくありません。しかし、戦前は日本は飛行機のエンジン技術は世界トップクラスの技術力を誇っていました。戦後の米国の占領下で飛行機の開発は禁止され、その代わりにその技術を応用した様々な技術が発展していきました。特に自動車産業は米国からその基本を学んだところは大きいものですが、エンジンの堅牢さや耐久性は日本の戦前の飛行機のエンジンの技術を応用した物が多く、日本が工業国として発展した背景には、航空機のエンジンの製造に於いて培われた技術が大きく影響しているのです。

新着情報

↑PAGE TOP